エムブラックスンホ、8年ぶりにソロデビュー。入隊控えて本格活動

ボーイズグループエムブラックスンホがソロ歌手としてデビューする。入隊を控えて持つ最後の公式活動という点で目を引く。

スポンサーリンク

複数の歌謡関係者によると、スンホは8月内に日本でソロデビューアルバムを発売してファンミーティングを進行する。

事実上、スンホが入隊持つ最後の活動になる可能性が高く関心が集中している。

スンホは長い期間自分を応援してくれたファンたちに会うために日本でファンミーティングを用意した。スンホはこの席で、自分のソロ曲の舞台を披露し、様々な話を交わす予定だ。スンホが国内でドラマOSTに参加するようにソロ曲を発表したことはあるが、自分の名前を掲げてアルバムを出すのは今回が初めてだと期待が集められる。

現在エムブラックの他のメンバーであるジオとミルは、社会奉仕要員として働いている。このうち一人の活動中だったスンホがファンの前に立つことになり熱い反応が予想される。特に、過去2015年6月に「MIRROR」以来、約2年ぶりにエムブラックメンバーの公式的な活動が再開されたという点でも意味が大きい。

一方、これに対してスンホ所属事務所ウィルエンターテイメント側は “スンホが8月に日本でファンとのイベントを行う。軍服大根関連日程はまだ決定されていなかった。今年はない入隊するために準備ができている」と述べた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク