ジョンヒョン自殺、SM機能停止・同僚哀悼。歌謡界悲痛

スポンサーリンク

グループシャイニージョンヒョンが死亡した中SMエンターテイメント所属歌手らの日程が相次いでキャンセルされるかと、仲間たちの哀悼が続いている。

スポンサーリンク

故ジョンヒョンの所属事務所SMエンターテイメント(以下SM)は18日、公式報道資料を通じて「シャイニーのメンバージョンヒョンがいきなり私たちのそばを離れた。故人は、ソウル清潭洞(チョンダムドン)のあるレジデンスで倒れたままの発見、近くの大学病院に運ばれたが、18日の夕方死亡判定を受けた」と明らかにした。

故ジョンヒョンの死亡の知らせに、同じ所属事務所の家族は、スケジュールを調整し、悲しみであることを示した。まず、同じ釜の飯を食べている後輩NCT再現、ジョニーは進行を務めていたSBSパワーFM「NCTのnight night!」桁を破棄した。代わりにポルキムこの空白を満たした。

強打もMBC標準FM「強打の星が輝く夜に」進行席を非たし、代わりに歌手一楽がDJを務めた。

少女時代テヨンまた来る19日行われる予定だったファンサイン会のスケジュールを先送りした。テヨンがモデルであるたコスメブランド側テヨンのファンサイン会がやむを得ない事情でキャンセルされたことを発表しました。

だけでなく、歌謡界線、後輩たちのSNS哀悼行列がつながっている。

2PMジュノは「信じられない。信じたくない」という文を掲載し、FTアイルランドイ・ホンギは “あまりにも悲しい。手が震える」とし「同時期にデビューして、本当に親しくよく過ごした何あなたを傷つけたのかは分からないが是非そこで良いことだけ願っていジョンヒョンア」と故人を哀悼した。

また、以下これは「この歌を初めて聴い録音しながら大変なことを忘れて、多くの方々の前で上受けた。とても感謝していた心が痛い一日」と伝えジョンヒョンが作詞、作曲した、自分の曲「ため息」の歌詞を掲載した。

このほか、アフタースクールの歌姫とジョンア、三菱商事マックス履修、エキソを脱退したルハンなど、多くの仲間たちが故人を追慕した。

SM側は「突然の悲報に大きな悲しみに陥った遺族が故人を敬虔に追悼するためにデマや憶測報道は控えていただき切にお願い申し上げ遺族の意に沿って葬儀は家族親戚と会社の同僚たちが参加して、できるだけ静か行う予定だ」と伝えた。

スポンサーリンク